お祝いの品の金額は祝う気持ちと比例する

僕は2浪したのちやっとのことで大学に入ることが出来ました。入学祝いとしてプレゼントをくれた人は4人いました。

まずは両親からは8万円のルイヴィトンの財布をいただきました。そして親戚のおじさんは2万円のニクソンの大容量のリュック、親しい友人からは1万円程度の時計、彼女からは1500円くらいのちょっとしたブランドのハンカチ。

この金額の差はどれだけ僕と親しいか、どれだけ僕を思っていてくれていたかなどに関係すると思います。実際8万円の財布をくれた両親と2万円のリュックをくれた親戚のおじさんは泣いて喜んでくれました。

友人もすごい喜んでくれて報告をした日にご飯を奢ってくれました。1500円くらいのハンカチをくれた彼女に報告したときは、良かったね、おめでとう。

と言われ大したリアクションはありませんでした。以下の理由から僕は祝う気持ちとお祝いの品の金額は比例すると思いました。
結婚祝い 食器

2017年8月30日 お祝いの品の金額は祝う気持ちと比例する はコメントを受け付けていません。 未分類